クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:フード&ドリンク 日用品 

片手3990円の軍手、実は防刃グローブ

・手先、指先が大切な職業の人がいます。音楽家、画家、陶芸家、手タレなどなど。こういう人たちも庭木の手入れ、大工仕事があり、もちろん料理もすると思うのですが、万が一の怪我対策をどうしているんでしょう。

・こんな人に役立ちそうな手袋があります。防刃グローブです。色んな種類がありますが、柔らかくてふつうの軍手のように使えるものはビクトリノックスのカット・レジスタント・グローブのナイフシールドです。サイズがXS〜Lまであり(USサイズ)、右利きなら左だけでいいので一枚売り。3990円。

http://www.victorinox.com/jp/category/カテゴリ/カットレジスタントグローブ/2200?f=category&v=2/200/2200&m=add&

・ソフトなためノコギリや先の尖ったものは防げませんが、ナイフや包丁がかすっても手は守れます。本来刃物を常用するプロの道具のようで説明書にはこうあります。

「ナイフ類を扱う現場での切創事故から作業者の安全を確保するために開発された耐切創性に優れたグローブ。米国農務省、米国食品医薬品局より認められた素材を使用。洗浄が容易にでき、塩素系漂白剤による漂白が簡単」

・さらに強力なのもあります。ドイツのステンレスメッシュ製金属軍手「メタルメッシュ・グローブ」。これならよそ見をしながらキャベツの千切りができます。手先が大切な芸術家じゃなくてもアウトドア、料理好きで不器用な人には役立ちそうな二つのプロフェッショナル・グローブです。

・ステンレスなので煮沸可能なメタルメッシュ・グローブ(これはショートタイプで、長さは各種あります)。これなら牡蠣殻やカニの足をつかんでも、手は全く傷つかないので、一枚あると役に立ちます。サイズはXXS〜XLまで。14800円(一枚)。

・日本総代理店 ラムエンタープライズ株式会社 www.lam-c.com/

次号9月13日金曜日

ページtopへ