クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:日用品 絶滅倶楽部 

百円ショップというより格安ファンシー雑貨店

・大阪の心斎橋にTIGERというヨーロッパからやってきた評判の百円ショップがあります。デンマークのコペンハーゲンを中心に(1995年創業)、ヨーロッパに150店舗以上もあるそうです。大阪の竹下通りというか裏原宿というか、若者が集まるアメリカ村に第一号店を出した理由は何だったのかわかりませんが、とりあえず大成功です。

・昨年オープンしてから、あまりの人気に大混雑して商品がなくなり、2度休業したほどです。訪ねた時もウィークデイの木曜日にかかわらず、若い女の子でいっぱい。人混みで動きが取れません。なんとレジ待ちの列が2階にまで達していました(レジは1階)。

・ここへ来たのは、話題のショップを見てみたいというわけではなく、ハエタタキのためで、デンマークスタイルの面白いのを売っているからです(世界のハエタタキ・コレクションに加えたい)。テレビのニュース映像にチラッとそれが映っていました。というわけで、これは百均というより、格安ファンシー雑貨店です。生活必需品ではなく、可愛いインテリア雑貨ストア。

・北欧の百円ショップといわれるのは、TIGERと10クローネ(170円ぐらい)の発音が共にティアーで、よく似ているかららしいです。実際は300円から500円前後の商品が多くありました。それにしてもこの店、当分混みそうです。久しぶりに30分ほど並んでしまいましたが、週末だとどうなるんでしょう。

・タイガーで手に入れたハエたたき4種。左下の伸縮するもの(300円)、ヒマワリのついたもの(200円)、手がパチンと合わさるもの(300円)など、実際使えそうですが、それでもファンシー雑貨だと思います。すべて中国製、というか店にあるもののほとんどがMADE IN CHINAではないでしょうか。世界のあらゆるハエタタキは今や中国製です。

・2階まで列が長く延びたレジ待ち。これで平日です。少しづつ動いて行く途中でさらに品物をかごに入れてしまいます。

次号6月21日金曜日

ページtopへ