クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:日用品 

シンプルな歯ブラシ立てと立つ歯ブラシ

・歯ブラシはふつう立てて置きます。コップとか穴のたくさん空いた歯ブラシ立てとかを使いますが、汚れるので洗う必要があります。それが欠点です。便利な家庭用品なるものをメディアがしばしば取り上げますが、洗う手間が増えてプラマイゼロが多いです。というか、洗うことや洗いやすさを考えてない商品のなんと多いことか。

・そこで1本立てるだけのシンプルな陶器のリングを無印良品が考えました。歯ブラシの柄が入るだけなので、ほとんど汚れません。洗うのも簡単で、清潔です。ベストセラーだそうです。

・ならば、もっと簡単に立つ歯ブラシにすればいいと考えたのが、定番商品を作るのに一生懸命な「THE」で、水だけで磨く歯ブラシを作った「MISOKA」とコラボして作りました。

 

・持ち手の底に10gの重りがあるので立ちます。さらにこの歯ブラシはマグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどをコーティングした特殊なブラシになっていて、歯磨き粉が不要だそうです。オフィス用にするといいかもしれません(ディスクに立てて置くと笑われるかもしれませんが)。ただし、この効力は1か月程度だとか。もちろんその後は歯磨き粉を使えばいいわけですが。1400円+税。

http://the-web.co.jp/products/the-toothbrush-by-misoka

・無印の歯ブラシ立てリングは5色あり、家族で色分けができます。300円+税。どっちが良いかというと、自分にあった毛先の歯ブラシを選べ、投げ入れて立つ無印の方ですね。THEは、起き上がり小法師と違って真っ直ぐに置かないと立ちません。ただし、旅行用にはこれを使うことにしました。

次号5月18日月曜日

ページtopへ