クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 日用品 

やっと登場、どこでも手に入る超撥水傘

・たたんだ後、一振りで水滴が飛ぶ超撥水の折りたたみ傘の便利さを何度か紹介しましたが、いつまで経っても傘売場に並ばないのが不思議でした。種類もヌレンザという3万円もする高級品か、ウエブでしか買えないやや耐久性に劣る普及品しかありませんでした。

・で登場したのが「アンヌレラ」という超撥水傘で、普通の一本傘から折りたたみまであり、カラーもバラエティーに富みデパートから傘専門店まで置いてあります。

・仕組みは今までのものが生地にナノコーティングして水を弾くのに対して、高密度繊維で撥水と、どう違うのかわかりませんが、両方とも効果は同じです。問題は耐久性ですね。今までの普及品ナノコーティングは3年は持ちましたが、アンヌレラは撥水機能回復法があるそうです。

 

・超撥水傘は、雨がへばりつかず水玉になって転がり落ちます。バスや電車で迷惑をかけず、折りたたんでバッグにそのまま入れられます。WPC製のアンヌレラの折りたたみ傘は、50cmと58cmの2種で価格は5000円と5500円(+税)。面白いのは撥水力の回復法。水で洗って陰干しし、裏からドライヤーで生地を温めると回復するそうです。

 

・右がウエブで購入するフォーモサタフタのナノコート折りたたみ傘55cmで186gと軽く、値段も2000円弱。左のアンヌレラ58cm折りたたみは240gと重いのですが、生地が厚いです。

・写真でわかるように柄が小さく、さらにアルミパイプが手元の方が細いので持ちにくいです。風には弱いかもしれません。そんな日は暴風用「センズ」です。傘も使い分けが必要。

http://unnurella.jp

次号6月8日月曜日

ページtopへ