クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 日用品 野遊び 

熱中症に備えて折り畳み日傘を

・これだけ連日日差しが強いと、帽子では熱波を防げません。女性だけでなく男も日傘が欲しくなります。フリル付きや黒いものは男性向けではないので、表シルバーメタリックで裏が黒の、いかにも日除けらしい、しかも折り畳みを探すと、アウトドア用にいいのがありました。

・これで日陰を探して歩く必要がなく、風さえあれば涼しいです。温度を測ると表面35℃に対して内側は32℃と3℃ばかり低く、効果があります。帽子ではこうはいきません。

 

・ドイツデザインのユーロシルム・ライトトレック・オートマチック・アンブレラ。シルバーメタリックモデルは、表が銀、裏黒の特殊コーティングで、紫外線防御率最高度に加えて、太陽光熱線からもガードしてくれます。

http://www.aandfstore.com/store/commodity/0/19570007/

 

・折り畳み傘の元祖、クニルプスの自動開閉(左)と並べるとやや大きいのがわかります。広げた直径が98cmと、折り畳み傘の中では大きい方(クニルプスは95cm、280g)。6600円+税。自動開閉を省いたモデルもあり。255gと40g軽いのでこっちの方がいいかも。

http://www.aandfstore.com/store/commodity/0/19570016/

 

・アウトドア仕様なので、グリップに磁石が付き、収納メッシュケースにぶら下げフックが付いています。

次号8月17日月曜日

ページtopへ