クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:日用品 文房具 季節 

涼しさ届ける暑中お見舞い申し上げ切手

・日本郵政が野村不動産買収をあきらめました。株価高騰が理由だそうですが、子会社化の発想は正しいです。郵便局は日本中の一等地にあるので、不動産開発は最も有望なビジネスです(4000億円の損失を出したオーストラリアの物流会社にくらべれば)。もちろん土地はその昔公社だったので国民の財産ではありますが。

・郵便事業はなかなか厳しいです。情報も気持ちの伝達もSNSやメールです。シニア層(60-79歳)でも今や48.2%がスマホ所有といいます。それでも小さな努力をしてます、この切手とか日本人に多い苗字20種別のレターセットとか。

・GREETINGS SUMMERという暑中見舞い切手は現在郵便局にあります(6月2日発売)。見たことない丸型の金魚鉢切手が面白かったので衝動買い。この切手を使うために、知り合いに暑中見舞い葉書を出しました。

・青空、ラムネ、水玉風船、ヒマワリ、そして円形の金魚鉢の5種類。2枚づつ10枚で620円シートです。中でもラムネと金魚の絵が気に入りました。金魚鉢の中は、正しい和金と正しい金魚藻であるマツモ(関東では)を描いています。

・葉書も手紙も出さなくなっていますが、季節の挨拶ぐらいは文をしたため、涼しさを切手で届けましょう。

次号7月3日月曜日

ページtopへ