クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:日用品 

スイスアーミーナイフが作った携帯用爪きり

・爪まわりの皮膚の小さなめくれを、東日本では「ささくれ」、西日本では「さかむけ」というそうですが、外出先で気がつくと爪きりが欲しくなります。携帯に適したまったいらになる爪きりはいくつかありますが、キーリング付きがありました。使い勝手も今までで一番です。

・あのスイスアーミーナイフで知られるビクトリノックスです。今まで持っていたものは仕上げや見た目はいいのですが、ストローク、弾力、刃先の感触が不自然でイマイチでした(仕組みが面白いコレクターズアイテムですが)。

・ビクトリノックス マルチ ネイルクリッパー。爪切り以外に-ドライバーが2種と実用的なヤスリが付いています。1700円。

・平らになる爪切り3種。上がビクトリノックスで、中はAdler(フランス製)、下はヘンケル(ドイツのゾーリンゲン製)。

・ビクトリノックスはマルチナイフに爪きりを組み込んだモデルもあります。ただし日常携帯するには重い。いずれも東京・原宿のビクトリノックス直営店にあります。

次号7月31日月曜日

ページtopへ