クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:エレクトロニクス ホビー 野遊び 

長い補虫網があれば空撮ができます

 

・ドローンでの撮影が流行っていますが、長い竿があればデジカメとスマートフォンで空撮ができます。仕組みはこうです。用意するのは以下の通り。

1. スマートフォンとWi-Fiでつながるコンパクトデジカメ

2. 3m以上ある補虫網の柄(スプリング式の輪を使用するタイプ)

3. コンパクトデジカメに付ける小さな雲台

4. この二つをジョイントする変換ネジ

5. そして撮影画像を見るスマートフォンを補虫網の根元に据え付けるアダプター

6. 補虫網の網を外し、変換ネジを付けてカメラの雲台を付けます

7. 柄の根元に、自転車のハンドルにスマートフォンを付けるアダプターの取り付け

8. Wi-Fiでスマートフォンとデジカメつなげてから、雲台にデジカメ、補虫網の柄の根元にスマホを設置

9. あとは柄を伸ばしていって、スマホの画像を見ながら撮影するだけ

・オリンパスの防水コンパクトデジカメTGシリーズの場合、ズームや露出もスマホでコントロールできます。長い自撮り棒というわけですが、高さが3mを越えると面白い映像が撮れます。ドローンより安全で簡単です。

 

・補虫網の柄(カーボン製振り出し3.6m 7本継240g 税込10380 むし社)、補虫網ジョイント金具(E金具 税込648 むし社)、補虫網と雲台をつなぐスタンド変換ネジ(5/16-1/4 税込500 秋葉原ラジオ会館2階のトモカ電気)、自転車用スマートフォンホルダー(ARKON SM632 税込3980 ヨドバシカメラ)

むし社 http://www.mushi-sha.com/products/list.php?category_id=34

トモカ電気 http://www.tomoca.co.jp/shop/proshop

・たたむとデイパックに入ります。使い方は色々ありそうです。

次号1023日月曜日

ページtopへ