クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:エレクトロニクス 日用品 野遊び 

最も軽量でスリムな精密道具類のカバー

・カメラやレンズ、あるいはジャーやケトルやガスストーブなどの金属物をバッグに入れると、中でぶつかって傷が付くのでクッションカバーが必要です。ウレタンやネオプレーン製が多いのですが、超軽量の方法があります。

・梱包用のプチプチ袋とかエアクッション・バッグというもので包んだあと、メッシュのスタッフサックというバッグに入れます。これだけ。

Sea to Summitというウルトラライト系に強いメーカーのウルトラメッシュ・スタッフサックは黒なので収納物が見えます。メッシュではこれが一番軽い。写真の最小サイズXXSは容量2.5L(11×22cm1000)で、このプチプチ&メッシュのULセットはわずか13g

・袋状のプチプチ袋は、梱包用品専門店(例えばパッケージプラザ サクライなど)45種類あります。2重にするとさらに保護力アップ。汚れたら交換できる点がいい。

ULメッシュ・スタッフサックは、縁の素材が変更され、開け閉めの際、格段にコードの滑りが良くなりました。左から容量6.5LS4.0LXS2.5LXXSXXS以外は改良前のものなので、コードを細く滑りの良いものに変えました。

・この3種類のメッシュとプチプチで、ミラーレスなら超望遠レンズやボディー、コッフェル、ケトル、釣りのリールなど金属物はほとんどカバーします。

http://www.lostarrow.co.jp/store/g/gST83301001/

次号416日月曜日

ページtopへ