クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:エレクトロニクス インテリア 日用品 

時間の見当識なるものが怪しくなってきます

75歳以上のドライバーは免許の更新で、認知機能検査と高齢者講習が必要になります。時間の見当識のテストがあって、年月日、曜日、時間を聞かれるそうです。

・物忘れが多くなり、記憶力も衰えるのは当たり前ですが、時間は時計を見るのでいいとして、平成何年だっけ? とか今日は月曜?も怪しくなると、見るものが欲しくなります。

・こういうニーズがあるらしく、月、日、曜日を確認しつつ(頭を使って)手動でセットするカレンダーが売られていて、これを使っています。

http://csmagazine.sakura.ne.jp/commodities/2-2.html

・自動で表示するデジタルカレンダーもあるのですが、大き過ぎてテレビの前に置けません。わざわざでなく、自然と目に入るところに欲しいからです。

・最近見つけた無印良品のそれは、小さく電池駆動の上電波時計で、さらに最近気になる温度と湿度もわかります。もちろん時刻ではなく日付優先表示にして使っています。平成や今度の年号、西暦年表示のステッカーをどこかに作ってもらいたいです。

・無印良品の日付、曜日、時刻、温度、湿度がわかるデジタル電波時計(アラーム、照明付き)14.8×6.4×5.9cm242g、単3電池×24490(税込)

次号831日金曜日

ページtopへ