クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:エレクトロニクス 日用品 ホビー 野遊び 

カメラレンズと相手を傷つけないための道具

・もう日常のスナップはスマートフォンです。最近は出来ないと言われたボケ味も出せますし、ピン合わせも後で自由自在です。近い将来、ウェブなら(というかメインはもはやウェブですが)インタビューも取材も、ファッションスナップもこなすようになります。

・レンズ交換式カメラはどうなるのでしょうか。予想通りミラーレスが主役になりましたが、この手は特殊用途になるでしょうね。

・例えば超望遠を使うスポーツや動物撮影、特大ポスターや4K8Kの大ディスプレイ映像など。それでも当分はSNS用のスマホよりマシな写真が撮りたいという人に使われるでしょう。接写や超望遠、超広角ではまだまだレンズ交換式に分があります。

・街でそんなレンズ交換式カメラをぶら下げている人を見ていると、レンズを手で持ってブラつきを抑えています。特に前かがみになった時、うっかりカメラの先端がガラスやドアに当たりそうになります。

・こんな時役に立つのがフードハットというネオプレーン製のレンズカバーです。大昔からニコンで販売されていて、カメラが他社製になっても愛用しています。ネオプレーンは伸びるので、撮影する時はむしり取ってポケットに入れます。

・ニコンの場合、Lサイズが径1011cmM910cmS79cm。価格は1200円から1500円。これより小さい、あるいは大きいレンズには、アメリカ製のオプティックから販売されています。一番小さいマイクロの径6.3cmから最大のXXXXラージの径18.4cmまで11種類というラインナップです。

・写真左下のPanasonicマイクロフォーサーズ60mmに付けたものはオプティックのPK-Microという径6.4cmモデルで、ヨドバシカメラで1180円。それ以外はニコンのLMSでカメラはオリンパスのOM-D EM-1Ⅱ

次号1112日月曜日

ページtopへ