クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 日用品 

旅の支度が容易になる整理収納バッグ

・SEA TO SUMMIT(シー・トゥ・サミット、つまり海から山頂まで)というオーストラリアのアウトドア・メーカーがあるのですが、いまちょっと気になるブランドです。シルナイロンなどの新素材を使ってUL(ウルトラライト、つまり超軽量)まっしぐらで、気がつけばいくつも所有していました。

・アイテムの展開はテントやシュラフ、デイパックなどもありますが、それよりショルダー、トート、収納用のバッグがなぜか目立ちます。そのラインナップのなかにTravellingLightトラベリング・ライトというちょっと面白い旅用シリーズがあります。

・一泊以上になると、替えの下着、靴下、シャツ、そして洗面化粧品セットが必要になるのですが、それらの収納バッグです。いわゆるトラベル・オーガナイザーというものですが、それをやっぱり軽量化させています。

・この手のアイディア旅用品はEagle Creekというメーカーが最初で、二十年以上使っています(男子が苦手なシャツの折りたたみが簡単にできるあて板が優れてます)。ただSEA TO SUMMITの方が断然軽いです。アウトドアショップにもパラパラとおいてありますが、輸入している登山靴で有名な「キャラバンシューズ」に聞いたら、東京駅の大丸百貨店に揃っているとのこと。行ってみたらトラベリング・ライトの全商品がありました。

・必要な三つ。左上、下着、靴下、セーターなどを入れるGarmentMesh Bag。右上、シェーバーや化粧品、タオルなどのToiletryCell、下が長袖シャツをきれいにたたんで収納するShirt Folder 。これらに前もって揃えておくと、いつでも旅立てます。

・Shirt Folder(サイズS:39cm×24.5cm×8cm174g2940円)、たたんだシャツを4方向からマジックテープで留める。小さめの旅行カバンに入れることを考えるとSサイズでじゅうぶん。3〜4枚収納可。替えのパンツも折りたたんでおさまります。

・裏返しにおいたシャツにこの板を当てて折り返してたたむ。イラスト入りでわかりやすい。まあ、女性はこれを胸元でやっていますが。

・網目なので中が見えて使いやすいGarmentMesh Bag(サイズM:35cm×25cm×9cm86g2310円)。40cm×30cm×9cmのLサイズ、25cm×19cm×9cmのSサイズもあります。

・3つの内ポケット付きで、パッド入り。ToiletryCell(サイズS:19.5cm×13.5cm×11cm62g2625円)。21cm×19.5cm×16cmのLサイズも。

・上二つが最初に作ったEagleCreekイーグルクリークのトラベルオーガナイザー。シャツフォルダーが105gに対し86g、メッシュバッグ235gに対し174gといずれもシー・トゥ・サミットが軽い。

次号4月22日月曜日

ページtopへ