クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 野遊び 

土砂降りの休日は防水スニーカー

・雨の日に濡れないビジネスシューズは、いろいろ選べるようになりました。ゴアテックス・ブーティーを使ったものは完全防水で蒸れが少なく快適です。

http://csmagazine.sakura.ne.jp/fashion/post-265.html

・ところがカジュアルとなると、長靴しかありません。最近は薄いゴムの折りたためるような軽いブーツがあり、街で履いている女性をよくみかけます(この手は大昔から田圃用として存在してました)。

・ただし、履いたことのある人ならわかりますが、ゴムだけに蒸れるし、足が中で動いてとても長時間歩けるシロモノではありません。防水スニーカーというものがあればいいのですが、なぜか見たことがありません。土砂降りの日に長靴をつけながらそう思っていたのですが、今年になって出てきました。あれだけゲリラ豪雨があれば、まあ考えますよね。

・日本製はムーンスターのオールウェザー、それにフランスデザインのパラディウム パンパ パドル ライト ウォータープルーフがあります。スニーカーといってもブーツ仕様で、これに強撥水のリーバイス防水コーデュロイパンツを組み合わせれば、どんな雨降りでも下半身は完璧です。

https://shop2.webleague.net/palladium/shop/ProductDetail.aspx?sku=1073855002001

http://www.moonstar-onlineshop.com/shopdetail/000000007466/

 

・フランス外人部隊のブーツを作っていたとかいわれるPALLADIUM BOOTS。12000円(+税)。薄いアッパー素材とソールのせいかサイズ26.5で570g(両足)という驚異の軽さです。

 

・雨の日以外でも、朝露に濡れた草っ原も歩けます。キャンプに最適。

次号6月29日月曜日

ページtopへ