クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 日用品 

室内用メガネはブルーライトカットレンズで

・遠くを見ない近距離用の家で使うメガネを作りました。手元から遠距離までの遠近両用は便利ですが、目を上下させるのでやや疲れます。近くが見にくくなったら読書用もそのうち必要になります。調節機能が年齢とともに弱くなるので何種類が使い分ける方が目の負担が少ないです。

・その室内用はブルーカットレンズにしました。テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォン、それにLED照明も増えていて、昔と違って青い光線に溢れています。

・最新の研究によると、夜に長時間ブルーライト(可視光線の中の波長が380~500ナノメートルの青から紫外線まで)を浴びると、睡眠障害、体内時計のくるいが起こるそうです。ドイツではガイドラインが発表されましたが、日本はまだ様子見だとか。

・眼精疲労を抑えるには、スマートフォンの明るさを1/3にするとか、寝室の照明を電球色にするとかに加えて、ブルーライトカットレンズのメガネです。

・このブルーカットレンズ、問題があるとすればやや黄色がかっているので、精密な色を見るデザイナーなどは、色彩チェックの時は外す必要があります。右のブルーカットは少し黄色いのがわかります。

・もう一つの違いはレンズ表面が青を反射してキラキラすること。このZOFF PC ULTRAのブルーカットは近視、乱視用で50%カット、遠近両用などの多焦点レンズはもう少しカット率は少なくなるとのことです。

次号4月8日金曜日

ページtopへ