クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 季節 野遊び 

風、雨で気温が下がった時の一枚

・夏日が多くなってきました。しかし陽が落ちたり風が吹いたりすると気温が下がり、まだまだ油断がなりません。カーディガンや薄いジャケットでいいのですが、暑くなった時に脱ぐことを考えると、ライトなウインドブレーカーが向いています。

・今年はフード付き(フーディーとかいってます)が流行りで、そればかりで困ります。フードがあると、前を開けたときに襟がそれに引っ張られてだらしなくなります。さらにフードをかぶると左右の視野が狭くなり音も聞こえにくくなります。

・フードなしの防風防水ジャケットに帽子をかぶれば、雨の日も問題ありません(暴風を除けば)。というわけでフードなしでなおかつ襟の立ち上がりが小さいものを選ぶとなると、アークテリクスになります。4年間このアークテリクスの「セレリス・ジャケット」というウインドブレーカーを使っています。

http://csmagazine.sakura.ne.jp/fashion/post-88.html

・これがブラックだったので、グレーを探すとインセンド・ジャケットというのがありました。これはトレールランニング用なので、セレリスより軽くスリムです。耐水性、耐風性それに通気性にも気を配ったウインドブレーカーです。

・アークテリクス「インセンド・ジャケット」14000円(+税)で4色あります。脇の下がメッシュになっているので(腕を上げると見えます)、夏に向かって雨の日にもOK。エアコンで冷えすぎの時のためにバッグに入れておくといいです。

・Mサイズで測ると左のインセンドが110g、右のセレリスが123g。それぞれ脇の小さなポケットに入れてパックできます。アウトドアのちょっとシャレたブランドは移り変わっていきます。ノースフェースやコロンビア、それからパタゴニアときてアークテリクス、この次は7mesh(セブンメッシュ)かとチェックしていたのですが、これはサイクリストに特化していて使いにくいです。当分アークテリクスがクール・アウトドア・ブランドのようです。

次号5月6日金曜日

ページtopへ