クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 季節 

ラインが目立たない夏用シームレス下着

・中国のメーカーが、iPhoneを盗作であると訴えたらしいですが、誰がなんといおうとスマートホンの元祖はアップルです。世にないものを生み出す苦労と努力、ファースト・ペンギンに対するリスペクトがありません。

・同じように最近唖然としたのはユニクロで、エアリズム シームレスVネックTという新製品を出しました。襟と袖口が切りっぱなしでふくらみがなく、肩の合わせ目も平らでラインが目立たない肌着で、色も白以外に日本人の肌色に近いベージュがあって、白いシャツでも目立たないというものです。

・ただこれ、昨年グンゼが出したSEEKシリーズと全く同じアイディアです。カットオフもシームレスも、袖口が短くポロシャツや半袖シャツからはみ出さないとか、日本人の肌色に合わせたスキンベージュという色も(写真右のグンゼの方がやや濃い)。これが評価されて2015年のグッドデザイン賞を受賞しています。

http://csmagazine.sakura.ne.jp/fashion/post-341.html

・使い比べてみると、グンゼの方がサラサラ感があるのと生地の質感は高く、肩口にくる縫い目も薄い感じがしますが(日本生産品です)、なにしろインナーなのでユニクロでいいという人はいるでしょう。ただ、ユニクロ1500円(発売記念セールで990円)とグンゼ2800円で、従来のユニクロ製品のように1/3とか1/5とかの激安感はありません。

・フリースも保温下着も昨冬のウルトラライトやインナーダウンも、アウトドアウエアに詳しい人にはわかりますが、どれもオリジナルがありコピーです。大量生産ロープライス・システムは瞠目に値しますが、このユニクロのフェイク・ビジネス、さていつまで続けられるでしょうか。

次号7月15日金曜日

ページtopへ