クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 季節 野遊び 

アウトドアブランドがシティーに進出ですが

・今年はなぜか衿なしのインナーダウンが大流行のようで、ユニクロからH&M、さらに裏原宿のインディーズにまで置いてあります。アウトドアウエアでは10年以上前からインナーとして使われてきましたが、街着になったのでしょうか。

・この機能性ウエアの一般化をみてか、アウトドアメーカーが街着に進出しています。思いつくだけで、アークテリクス、ノースフェース(ブラックラベル)、コロンビアスポーツ(原宿に専用ショップ)、それにナイフメーカーのビクトリノックスも、アウトドア素材を使用したジャケットやコート類の別ラインで展開しはじめました。いずれも高価格帯で勝負ですが、はたしてどうなるんでしょうか。

・いくつか見に行きましたが、素材が出過ぎでまだ街用とはいえません。「見た目は普通のアパレルで、中は機能性あり」がいいと思うのですが、ゴワゴワのハードさが目について未消化。ちょっと前にあったコムデギャルソンのゴアテックス・ジャケットの方がずっと洒落ています。

・もう一つはもっとわかりやすいアウトドアとアパレルのコラボレーション。MOUNTAIN HARD WEARとN.HOOLYWOODとか写真のインナーダウンもそうです。このリバーシブルのダウンベストは三つのコラボレーションです。国内随一のダウン縫製メーカーのNANGA、アウトドアショップのBamboo Shoots、さらにストリートカルチャー・アパレルのM.V.P.。

・ともあれ重ね着が良いのは温度調節の幅が広がることです。衿なしのダウンベストやジャケットは、アウターとして使った場合、マフラーが使える良さがあります。寒い暑いの変化についていけないシニアには必要なファッションスタイルです。

・3社コラボのリバーシブル・ダウンベスト。ブラック&グレーとグレー&プラムの2種あります。19000円+税。ショップは原宿のA-1 CLOTHING。

http://shop.a-1clothing.com/products/detail.php?product_id=7626

次号10月31日月曜日

ページtopへ