クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 野遊び 

最新のレインウエアはゴワつかずかさばらず

・5年ぶりの雨具の買い替えです。OUTDOOR RESEARCHのHelium Jacketというものを使っていたのですが、さすがにくたびれてきました。Mサイズ(日本のL)で257g(ヴァージョンアップしたⅡでは166g!)と軽く、柔らかくバサバサいいません。

・この使い心地で防水性や透湿性の優れたものを探したところ、最新のゴアテックスに柔らかく、ウインドブレーカーのような裏地のものがありました。昨年登場して評判のGORE-TEX C-KNIT BACKERという肌触りのスムーズな裏地を使った軽量薄手のゴアテックスです。

・一般的なハードシェルのゴアテックスパーカが500から700gなのに比べて260g(Lサイズ)程度と半分以下。重い荷を背負っての耐久性はわかりませんが、デイパックでの釣りぐらいなら問題ないでしょう。

・前の雨具では土砂降りでは滲みてきた防水性も心配ないようです。

・THE NORTH FACE Clim very light Jacket。37000円+税。ゴワつかないので普段使いもできます。釣りがメインなのでモスグリーンにしました(黒だと街着として使えるのですが、スズメバチが怖いのでアウトドアでは選べません)。あとはレッド、ブラック、ブルー、イエローなど、同じC-KNIT BACKERを使用したアークテリクスよりバリエーションがあります。ただ、写真のBGというカラーは店頭在庫のみだそうです。

・この裏地のサラサラが売り物。右の白いコーティング式のヘリウムジャケットのようにべたつきません(湿った場合)。

・上のヘリウムジャケット190g、下はノースフェイスのGORE-TEX C-KNIT BACKERは257g(実測)ですが、じゅうぶん軽い。

次号3月31日金曜日

ページtopへ