クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 

元祖・軽量快適通勤シューズの最新モデル

・スニーカーで通勤しようという声が多くなって、軽快なビジネスシューズが大流行で、どこもかしこも作り始めました。古くは大塚製靴のドレススニーカーやスニーカー屋のパトリックのカピト、最近ではスポーツ用品のミズノなどなど。

 

・いわゆるドレススニーカーという新しいカテゴリーですが、このビジネスシューズのアッパーにスニーカーのソールという靴を作った元祖はロックポートです。

・このドレススポーツの発売は1983年ですから、36年前です。最初の頃はソールがゴム製であること以外は、通常のビジネスシューズでしたが、軽く歩きやすく快適で画期的でした。

 

・今やアパレルブランドのアルマーニや、高級靴メーカーのトッズもこのジャンルに参入して、アパレル、シューズメーカー、スポーツメーカーが入り乱れていますが、常時ドレススニーカーが手に入るのは、知る限りでは大塚製靴、パトリック、ロックポートです。

・中でもロックポートの品揃えは特筆もので、プレーントゥからストレートチップ、外羽根、内羽根、メダリオン装飾までバリエーションが豊富です。ただしたくさん並べている店が少ないです(東京・神保町のミマツ靴店には揃ってます)

http://shop.kanda-mimatsu.com/?mode=f8

・写真のモデルは、メダリオン装飾をあしらった、脱ぎ履きしやすい外羽根式の、日本人向けのワイド仕様で軽量、ショック吸収、防臭抗菌標準の最新モデルです。

・ロックポート トータルモーション クラシック ドレス キャップトゥ 24000円+税。W幅のため、ワンサイズ小さくても足に合います。足の甲を外から包み込む外羽根式はカジュアルなので、ジーンズにも違和感はなく、使い道が多いです。

https://shop.rockport.jp/item?sex_id=2&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_term=brand&utm_campaign=ad&gclid=EAIaIQobChMIp8-Ytbnn3wIViGkqCh3-GgUqEAAYASAEEgJUN_D_BwE&page=2

次号125日金曜日

ページtopへ