クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:フード&ドリンク 

昔の「ナポリタン」を提供するB級洋食店

・ナポリタンが流行ってます。「昔のナポリタン」とかいう商品が売り出されたり、昨年の秋には全国のナポリタンが横浜に大集合した「ナポリタン・スタジアム」というイベントが開かれました。日本ナポリタン学会という団体もあります。http://naporitan.org

・「麺はアルデンテで」などという気取ったことをいう前は、スパゲティーといえば芯まで茹で上がったスパゲティーでした。たまに食べたくなるB級洋食ですが、なぜここへきて脚光を浴びたのかわかりません。今や色んなところでメニューにありますが、どれもなんか今風で違います。

・ナポリタンのルーツを調べると、大正時代にトマトソースで和えたスパゲティーがナポリテーヌといっていたとか、昭和の初めに古川ロッパが日本橋三越の食堂でナポリタンなるものを食べた記録があるとか、昔からフランス料理のバリエーションとして存在していたようです。

・ただ、我々の知っているあのトマトケチャップのこってりナポリタンは、GHQに接収された横浜ニューグランドホテルの総料理長が、フランス料理のナポリテーヌを、進駐軍の兵士に向けにアレンジして(彼らは茹でたスパゲティーにケチャップをかけ、塩コショウで食べていたらしい)提供したものがどうやら最初のようです。

・この総料理長の弟子がやっている店が今でも横浜桜木町の野毛にあり、ナポリタンがメニューにあります。はたしてあの郷愁を誘う決して上品とはいえないシロモノをちゃんと引き継いでいるでしょうか。

・B級グルメらしく待たされずに出てきたそれは、まさにあの味です。濃いケチャップの味、アルデンテもなにもない太い茹ですぎの麺、具は記憶にある玉ねぎとハムの切れ端、それに欠かせないマッシュルーム、ちょっぴりピーマン。

・平日の木曜日、人通りのない路地にあるのですが、12時をすぎた頃から次々とお客が来て満席です(早めに訪ねて良かったです)。青春時代にB級しか食べてこなかった人向けの洋食店です。

 

・センターグリル http://www.center-grill.com まるで喫茶店のようですが、2階がレストラン。

 

・人気のメニュー。ナポリタンは700円。昔はイタリアンといっていたようですが、ブームになってナポリタンに変えたとか。

次号2月17日月曜日

ページtopへ