クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:フード&ドリンク 

ソフトドリンクに近づくビアカクテル

 

・ローアルコール派に人気のビールベースのカクテルをいくつか試してみました。トマトジュース、グレープフルーツ、コカコーラ、カルピスなどなど。どれもいけますが、一部のベルギービールにあるような濃い味わいになります。ただカルピスは不思議にいいです。
・ビアカクテルの人気ランキングなるものがあって、それによると1位シャンディガフ、2位レッドアイ、3位パナシェとやはり定番が上位にきます。シャンディガフはジンジャーエール、レッドアイはトマトジュース、そしてパナシェはレモンソーダとのカクテル、いずれもアルコール度数は半分になります。
・さらにいえば、暑い国タイでよくやっている氷を入れたり、炭酸ソーダで割ると、アルコール度数の調節もできて、夏一番の清涼アルコール飲料になります。

・ローアルコール派に人気のビールベースのカクテルをいくつか試してみました。トマトジュース、グレープフルーツ、コカコーラ、カルピスなどなど。どれもいけますが、一部のベルギービールにあるような濃い味わいになります。ただカルピスは不思議にいいです。

・ビアカクテルの人気ランキングなるものがあって、それによると1位シャンディガフ、2位レッドアイ、3位パナシェとやはり定番が上位にきます。シャンディガフはジンジャーエール、レッドアイはトマトジュース、そしてパナシェはレモンソーダとのカクテル、いずれもアルコール度数は半分になります。

・さらにいえば、暑い国タイでよくやっている氷を入れたり、炭酸ソーダで割ると、アルコール度数の調節もできて、夏一番の清涼アルコール飲料になります。

 

・さっぱり系ナンバーワンはパナシェです。ビールにレモン果汁、それに炭酸ソーダ。炭酸はいろいろ試しましたがウィルキンソンが、一番売れているだけあって合います。それのレモン炭酸はパナシェ向き。CCレモンやオランジーナで割ってもいいのですが、かなり甘くなります。

 

・シャンディガフのジンジャーエールは、やはりウィルキンソンのガラス瓶入り茶色ラベルが甘すぎず、刺激が強くていいです。これも炭酸で濃度を調整すると清涼ビールになります。

 

・最初からカクテルになっているフルーツビールは、この2銘柄がおすすめ。盛岡にあるベアレンラードラー社のベアレンラードラー(右・アルコール度数2.5%)は夏だけの季節限定。日本ビールのレモンビール(中央・アルコール度数4%)は、イオンリカー店で手には入ります。これらも、甘味やアルコールの調整を炭酸ソーダで。

次号6月30日月曜日

ページtopへ