クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:フード&ドリンク 

松茸によく似た話題のキノコの味

・松茸のシーズンです。今年はどうでしょうか(去年はキノコ不作でした)。相変わらず今出回っている国産は万とします。松茸の養殖をみんな待っていますが、その試行錯誤の開発過程で生まれたキノコがあります。

・広島のキノコ農家が椎茸育種中に発見した変異種というのですが、松茸みたいという噂があったので取り寄せてみました。その名も「松きのこ」、まんまです。

・ネットには松茸みたいという書き込みがありますが、間違いです。香りはまったく違います。かといって椎茸の匂いはしません。あの匂いが嫌いという人がいますが、栄養価は同様に高いので椎茸嫌いには良いかも知れません。

 

・松きのこは広島県東部の山村にある世羅きのこ園の無農薬人工栽培。椎茸よりたしかに松茸の幼菌に近い形です。籠もり160g1000円+税。

http://www.marusera.com/blog/serakinokoen/serakinoko201410061/

 

・網焼き松きのこは、パサつきイマイチ。

 

・ホイル焼きが向いています。歯ごたえはいいのですが、椎茸とも松茸とも違います(エリンギのほうが松茸に近い)。永谷園の「松茸のお吸い物」に入れると見た目は完璧。

 

・同じ世羅きのこ園のなめこ栽培で生まれた松なめこという変種。普通のなめこより粘つきが少なく、焼いたり天ぷらにしたりできます。籠もり120gで500円+税。

 

・なめこおろしも歯ごたえ、食感が違いますが、良いです。

次号9月21日月曜日

ページtopへ