クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:フード&ドリンク 

パンよりレーズンの方が多いぶどうパン

・たまにレーズンパンが食べたくなります。トーストした方が好きで、バターかピーナッツバターを塗ります。干しぶどうを混ぜるパンの起源は不明というのですが、メディアがよく取り上げるレーズンパン専門店のものを食べてみました。

・コンビニやスーパーで売られているものと違い、ずっしりと重く、大サイズで一斤510gもあります。切ってみると、半分が黒いレーズンで固まっています。

・食べてみると、パン生地はふつうで特別感はありませんが、ぶどうの甘さが圧倒していて、パンというよりスイーツですね、これは。

・甘すぎて、シニアにはややキツイですが、面白いので一度体験するといいかも。トーストして食べるなら、干しぶどうがまばらな方がバランスがいいです。

・大700(写真)、小430円、さらに巨峰レーズン入りは1650円。

http://www.maizuru.tokyo

・ぶどうパン専門店「舞い鶴」。見過ごす様な小さな店です。東京・地下鉄千代田線「湯島」からすぐ。

次号528日月曜日

ページtopへ