クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:インテリア 日用品 

一人暮らしの傘立てはこれで十分かも

・珪藻土の製品が増えています。リホームの際に壁を全て珪藻土にしたのですが、湿度調節、防臭、防カビなどなど快適です。

・記憶ではsoil(ソイル)というブランドがコースターやバスマットを発売したのが最初だと思います。ここは日本の左官の土加工技術を使ったMaid in Japanで、その分高価です。スーパーやニトリで売られている2000円弱の珪藻土バスマットが9000円ぐらいします(ただし質感、仕上げは上質)。

・この吸水吸湿性を利用して、最近はスプーンや歯ブラシ立てもあり、こんな傘立てまで登場しました。

・傘立ては、雨の日以外は玄関で場所を取り邪魔ですが、これは平らなのでスッキリ、グッドアイディアです。一人暮らしならこれで十分です。

・珪藻土(配合)傘立て。コーナーに置いて、23本は立てられます。材質は植物繊維、石灰、珪藻土とあります(Made in China)。珪藻土の能力のホンモノ()との違いはわかりませんが、傘の雫は吸い取ります。百均のキャンドゥで売ってます。

次号97日金曜日

ページtopへ