クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ミュージック 

ウクレレ奏でて1930年代からやって来た歌姫

・ジャネット・クラインという女性シンガーがいます。ウクレレを弾いて、1910~30年代のラグタイムジャズ、ボードヴィル、スイングを歌うのですが、可愛らしくコケティッシュで、来日した折、2回ほどライブに行ったことがあります。

・1930年のパラマウント映画のアニメキャラ「ベティ・ブープ」とか、1920年代設定のTVドラマ「マンハッタン・スキャンダル」でチャールストンを踊るピンキー・ピンカムなどを彷彿とさせます。

 

・このジャネット・クラインの20周年アルバムをたまたまタワーレコードで見つけました。過去8枚の彼女のアルバムからセレクトしたもので、いつものようにバックバンドのパーラーボーイズが、トランペット、トロンボーン、コーネット、ヴィブラフォン、ピアノ、アップライトベース、バンジョー、マンドリン、クラリネット、アルトサックス、テナーサックス、ヴァイオリン、ギター、リゾネーターギター、アコーディオン、テナーギター、シロフォン、ハーモニカにパーカッションとドラムなどなどの多彩な楽器を演奏し(これらを聞き分けるのも面白い)、ジャネットはウクレレ弾きながら見事なオールドタイム・ジャズを歌い上げます。

 

・SHANGHAI SHUFFLE ジャネット・クライン&彼女のパーラーボーイズ。今タワレコのサイトで1000円ちょっとでセール中。

https://tower.jp/item/4795076/SHANGHAI-SHUFFLE

 

・このアルバムの24曲めにSakega Nomitaiなる不思議な曲が入っています。イギリスのイアン・ウィットコムという歌手とのデュエットなのですが、日本語です。

・なんでもバートン・クレインというニューヨークタイムズの特派員が来日後にアメリカに帰って、英語の歌を日本語の替え歌にして宴会で歌ったらうけたので、コロムビアレコードからデビューし、これが大ヒットとしたんだとかで、なにやら訳がわからんという奴ですが、アルバムではなにを言っているか分からない歌詞は以下の通り。

 

酒飲みは  酒飲めよ  酒あれば  オイ! 怠け者

水はとてもおいしいが  酒飲めば  僕楽しい

万歳!  乾杯!  養老の瀧が飲みたい

もしなければ  スットコドッコイ  酒飲め  酒飲めよ

 

・ホントにこれ、戦前の昭和6年に日本でヒットしたんですかね。日本語で歌う外国人第一号だそうですが。

次号12月2日月曜日

ページtopへ