クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:ファッション 野遊び 

体に張り付く小さなショルダーバッグ

・サブバッグとしてアウトドア・サコッシュという小さなショルダーバッグが人気です。雨具や弁当、ストーブなどは背中のデイパックに入れ、しょっちゅう取り出す手回り品をこの小さなショルダーへ、という使い方です。

・手帳、メモ、スケッチブック、文庫、タオルなど、散歩や街使いで十分なサイズですし、バードウォッチングの双眼鏡やミラーレス・カメラの交換レンズも入れられます。

・ただ初期のものからいくつか使いましたが問題もあります。小さく軽いためにどうしてもブラブラします。位置が低いと足や腰に当たり動くので、手で押さえることになります。

・そんなことを考えたのかわかりませんが、ワンダーラストというアウトドア・インディーズブランドのカンパ・ラ・パックというサブショルダーがあります。

・背面がカーブするラウンド縫製とかで体に密着し、さらにしゃがんだり、よじ登ったりする時、ショルダーベルトが一部紐式(肩あてはあります)なので引いて簡単に胸元に上げることができます。

・この紐式のショルダーがミソで、長さ調節が簡単なことに加えて、ロープが体の動きを吸収して、バッグに伝わらないのだと思います。今までのショルダーバッグとは一味違うシロモノです。

 

・WANDERLUST KHAMPA LA PACK。本体は防水ジッパーと耐久性のあるダイニマ生地を使ったシンプルなワンポケットで、28cm×19cm容量4Lの46g。5900円。カラーや素材の組み合わせがたくさんあり、迷います。

http://wanderlust-equipment.com/products/khampa-la-pack/

 

・渓流を歩くとき不思議にバタバタしないです。フライフィッシングの道具がすべて入ります(沈む毛鉤のニンフとかウエットとか錘とかも含めて)。毛鉤釣りを始めた頃、ベストなど使わず、小さなショルダーバッグで釣り上っていました。原点回帰です。

 

・紐式のもう一つ良い点、小物をぶら下げられます(しかも可動式)。

 

・WANDERLUSTをはじめいくつかのUL系ガレージファクトリーと共同で設立したショールームがあり、商品を見ることができます。MT.FABs 〒162-0811 東京都新宿区水道町1-18-2F 水・木営業

http://mt-fabs.jp

次号7月13日月曜日

ページtopへ