クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:野遊び 

アウトドアで常時携帯できるトレッキングポール

・春めいてきて、梅や桃、さらに桜の季節がやってきますが、少し山道を歩いて人の少ないところに咲く花は格別です。去年の晩春は2時間ほど林道や沢筋を降りて、散りかけの山桜やウワミズサクラを楽しみました。

・このとき初めてトレッキングポールを持って行ったのですが、下りや渡渉では各段に歩行が楽です。アルミとカーボン材の釣り用(呼び名はウェーディングスタッフ)で、軽いと思っていたのですが、さらに超軽量の杖がありました。

・イギリス製のMOUNTAIN KINGというトレッキングポールで、フルカーボン仕様でなんと124g(125cmサイズで実測)。この軽さは驚きです。これならデイパックに入れっぱなしにしておいて気になりません(仕舞い寸法36cm)。

・MOUNTAIN KINGトレッキングポール125cm。2本セット売りですが、東京・三鷹のハイカーズ・デポでは1本で販売、9800円。組み立ては紐を引っ張り結び目を溝にかけます。

http://www.mountainking.jp

http://hikersdepot.jp

・上からTracks132cm350g  Pazdesign140cm 273g  MOUNTAIN KING124g (すべて実測)。MOUNTAIN KINGはグリップのデザインがシンプルできれいです。

・左フルカーボンのMOUNTAIN KING、カーボン&アルミPazdesign、アルミ材Tracks。太さがよくわかります。丈夫なのは太い方だと思いますが。

次号3月17日金曜日

ページtopへ