クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:文房具 絶滅倶楽部 

消しゴム付き鉛筆の新色、限定発売

・ちょっとしたメモ書きに鉛筆は最高です。このバランスと軽さは、どんなシャープペンシルもボールペンもかないません。みんなで使い続けて絶滅しないようにしたいです。

・さらにいえば、日常使いとして消しゴム付きが生き続けて欲しい。今でも大手では三菱鉛筆とトンボ鉛筆で細々と(?)作っていて手に入ります。その三菱鉛筆からカラフルな5色の新製品が出ました。限定発売なので今しか手に入りません。ありがたいことに買いやすい3本セットがあります。

 

・三菱鉛筆消しゴム付き事務用鉛筆#9852。藍、檸檬(レモン)、エメラルド、薄紅、山吹の5色ですが、山吹は従来品なので実際の新色は4。3本セット180円+税。

 

・今でも手に入る消しゴム付き鉛筆。上の2本がアメリカで復刻されたブラックウイング。「エデンの東」のジョン・スタインベック、「ウエストサイド物語」の作曲者、レナード・バーンスタインが愛用したとか。黒が4Bと柔らかいのでスケッチに向いてます(銀はHB)。http://csmagazine.sakura.ne.jp/stationery/post-51.html

・次がドイツのステッドラーとリラ、それからトンボ、三菱と続きます。最後のエンジ色も三菱で品番は9850で現行品。カタログにありますが、店頭で見たことはありません。なお、トンボと三菱は写真のようにBがあり、書きやすいこれを愛用しています。ほかはすべてHB。

次号3月21日金曜日

ページtopへ