クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:文房具 メディア 

内需を拡大し景気浮揚する唯一の解決策

・10兆円超の景気対策を政府は考えているようですが、たぶんまた低所得者に一律現金とか公共投資とかの景気浮揚策で、効果は期待できません。日経の記事に「・・・政府の景気浮揚策は期待されるほどに成果をあげていない。予算を投入される事業分野は湧き上がっても、日本経済全体への波及効果はほとんどない。真の景気対策は、いかにして国民にお金を使わせるかだ・・・」とありましたが、内需を拡大するには個人消費を増やすことにつきます。

・日銀のレポートによれば個人の預貯金は833兆円、これの1%でも消費にまわれば景気は確実に浮揚します。買いたいものがないとか将来が不安なのでと評論家はいいますが、所得の増加や失業率の好転にもかかわらずというのは他に理由があるからです。

・必需品をほぼ手に入れた成熟社会の日本、我々はもはや好きなものにしかお金を使わなくなっています。自分好みのモノ、コトがあれば手に入れるし参加もします。例えば「旅、コンサート、フェスティバル、展覧会、映画・演劇、スクール、スポーツ」、これにボランティアや寄付を加えてもいいです。

・そんな自分好みの情報が集まるスモールライフスタイルと、その先の一人に一つの1to1マーケットを作ることが唯一の解決策です。

・それは国がやる政策ではなく民間の流通業界の仕事で、それをアシストするのは雑誌的発想のライフスタイル・メディアです(もちろんWebですが)。

・というわけでスモールライフスタイルの文具を一つ。STALOGYというユニークなテープやメモ、付箋です。粘着テープで知られる日東電工(昔、仕事でつきあいがありました)の関連会社だけに、紙やテープをくっつける技術でグッドデザインかつ高品質の高級文具に挑戦しています。

・エディターズメモ 約7.4cm ×10.7cmのメモで、上部の約1.5cmに弱粘着のりが塗ってあって、切り取ってメモを貼り付けられます。無地、罫線、方眼の3種類あります。プレゼントや贈り物にちょっと一言添える時にもいいです。450円+税。

・丸シール5mm 貼ってはがせる丸マーカー。弱粘着のりつきは初めて。この一番小さいものはスケジュール帳に使えます。200円+税。「出」のマークはパイロットのこすって消えるフリクションスタンプ。

・半透明ふせん 下が透けるので、カレンダーや地図にかぶせてメモを入れられます。500円+税。東京の代官山(東横線駅すぐ)にSTALOGY LABORATORYという直営店があり、全商品が並んでいます。

http://stalogy.com

次号8月19日金曜日

ページtopへ