クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:文房具 

日本の文具は世界一、あとはデザイン

・クオバディスの小さなスケジュール帳を長年使っています。理由は単純で、ページ端にキリトリ用のミシン目が付いていて、日が変わるたびにそこを千切ると、今日を瞬時に開くことができるからです。この仕組を知ったのはエルメスの手帳で、クオバディスで製造しているのかもしれません。

・フランスの文具メーカーですが、グループには日本でもよく知られたロディアもあります。メモ帳といえばこれで、愛用者も多いです(1934年創業)。そのロディアがペンを出しました。ボールペンとシャープペンの2種。

・デザインが良いとSNSで評判だそうです。機能や品質で世界一の日本の文具、中でもペンの意匠はもう少し何とかして欲しいです。何で、あんな小さな道具で目立とうとするんでしょうか。

・今やペンといえばボールペンかシャープペンですが、筆記具専業メーカーではないところのペンはシャープが安心です。ボールペンは替えのリフィルが特殊な場合が多いからで、シャープなら芯は太さを選ぶだけだからです。

・ところでシャープ芯の太さ、日本は0.5がスタンダードですが欧米は0.7といいます。多分漢字とアルファベットの違いでしょうね。細くないと画数の多い字は潰れてしまいますから。ロディアもシャープは日本仕様で0.5になっています(ボールペンは0.7)

・手前がRHODIA MECHANICAL PENCIL 2400円。赤、黒、シルバーの3色。アルミボディー。別に欧米贔屓ではないのですが、シンプルなスタイルの海外筆記具は見た目がいい。デスクやノートの上で、周りと調和するのはこういうデザインです。

・上から、アメリカ(オートポイント)、スイス(カランダッシュ)、ドイツ(ステッドラーとロトリング)、そしてフランスのロディア。

次号713日金曜日

ページtopへ