クールシニアのウェブマガジン

毎週月・金曜日発行

クールは「カッコイイ」ですが、背筋をのばして歩く60+シニアの情報を集めます。

Edit

エディター

スマートメディア

中村 滋 Shigeru Nakamura

BE-PAL、DIME、サライなど
ライフスタイル雑誌を創刊
著書にスマートフォンの
生活革命を書いた
「スマートメディア」デコ刊

  • むしむし探し隊
  • カフェ de ウクレレ

カテゴリ:文房具 

「王様の耳はロバの耳」用のメモ用紙

・言いたいことを言えないで我慢していると、お腹がふくらむ病気になる・・・というグリム童話があります。『王様の耳はロバの耳』です。官庁の役人とか内閣官房の秘書とか、お腹がふくらんでいる人間がたくさんいるような気がします。

・穴を掘って叫べばいいのですが、穴を掘る場所はなかなかありません。メモになぐり書きするという方法もありますが、下に跡が残ってバレる可能性があります。

 

・上司への不満だけでなく、理不尽な隣国の対応とか、言いたい放題の米大統領とか、かんぽの不正に対する日本郵便幹部の会見やら何やら、腹の立つことばかりですが、そんな世相を受けてかこんなものが売られています。

・書いた文字や絵が水に入れれば溶けて消えます。そういえば、フェイスブックにストーリーズという、1日で消える動画が流行ってますが、痕跡を消し去るというのは新しいビジネスになるかもしれません。なんせ個人情報漏洩と監視社会ですからね。

 

・「溶けメモ」なる商品で、山梨の和紙メーカーが作ったメモ用紙です。3.5cm×9cm 150枚×3 270円。昔からトップシークレットという溶けるペーパーを作っているそうで、どんな人に売っていたんでしょう。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/on-washi/toke-memo.html

次号7月22日月曜日

ページtopへ